お葬式通夜法事での礼服(ブラックフォーマル)のポイント

お葬式やお通夜、法事などにどのような服で参列すればいいのか悩んでいるという方もおられるかもしれません。

このような場に参加する機会がほとんどない方からすると服装選びは迷ってしまうものですし、ブラックフォーマルでもどのように着こなせばいいのか分からないという方もおられるでしょう。

そこで、ここではお葬式やお通夜、法事などにおけるブラックフォーマル、礼服のポイントなどについてご紹介します。

 

お葬式で着用するのは喪服

お葬式で着用する服のことを喪服と呼びます。遺族が喪に服していることを表す服装として古くから使われており、現在でもお葬式やお通夜では喪服を着ることが一般的です。

弔事用の黒い着物や洋服のことを総称して喪服と呼びますし、ブラックフォーマルと呼ばれることもあります。

礼服と喪服の違いがいま一つ分からないという方も多いと思いますが、礼服とは冠婚葬祭の際に着用する服のことを指しています。そのため、お葬式の時に着用する喪服は礼服の一種と考えて差し支えないでしょう。

お葬式のときは故人との関係性によって着用する服も変わってきます。まずはここをしっかりと理解しておきましょう。お葬式のときに遺族、つまり故人ともっとも近しい人が着用する服が正喪服です。

正喪服とは喪服の中でもっとも格調高い服で、一般の参列者が正喪服でお葬式に参加するのはNGとなります。非常識と思われてしまいますから注意しましょう。

正喪服は原則長袖となっていますが、これは肌の露出を抑えるためと言われています。女性の場合もスカート丈が短いものはNGとなりますし、派手な装いは原則NGです。

 

男性のブラックフォーマル

男性がお葬式などに参加するときのブラックフォーマルですが、まずワイシャツはレギュラーカラーの白無地を選んでおけば間違いはありません。ダブルカフスだとボタンが黒いものをチョイスしておけば良いでしょう。

ネクタイは基本黒を選びます。間違っても色付きのネクタイや柄のあるものは選ばないでください。結び目にくぼみを作らないように注意するのもポイントです。

社会に出たばかりの方だと上手にネクタイを結べないという方もおられるでしょうから、得意な人に結んでもらうと良いかもしれません。

シューズはストレートチップかプレーントゥが基本となります。スリッポンタイプも人気ですがお葬式などには失礼になるためNGです。

男性のお葬式に出席するときのブラックフォーマルは全身黒で統一してしまうのが基本です。

外から見える部分はもちろん、ベルトや靴下といった細かい部分も基本黒で統一しておきましょう。アクセサリーを日頃から身につけている方もせめてお葬式の時は外すことです。

そのままだと失礼になりますし、派手な腕時計なども外しておいたほうが良いでしょう。爬虫類の革、毛皮なども殺生を連想させますから取り入れないようにしてください。

このように、男性のお葬式ブラックフォーマルにもいろいろな注意点、ポイントがあります。

ほかの参加者から笑われてしまわないようにきちんとした装いで参加してください。

女性のブラックフォーマル

女性がお葬式に参加するときも基本ブラックフォーマルとなります。女性の場合は男性以上に気を付けるべきポイントがありますからしっかりと押さえておきましょう。

まずはタイツですが、黒のストッキングを着用します。結婚式の場合などは黒がNGとなりますが、お葬式やお通夜の場合は黒でないといけません。

最近ではお葬式の際に女性がタイツ、ストッキングを履くことも珍しくなくなりましたが、本来は履かないものです。

カジュアルなアイテムと位置付けられていましたし、お葬式のような場には相応しくないと思われていたのです。

現在ではお葬式のときに黒のストッキングを履くことも多くなりましたし、地域によっては履かないと寒いところもありますからそこまで気にすることはないでしょう。

また、靴も黒を合わせることが基本となります。ただ、お葬式のブラックフォーマルに合わせる靴の場合はただ黒ければいいというわけではなく、光沢のない黒になります。

テカテカと光っているような黒の靴だとNGとなりますから注意してください。

光沢と色だけでなく、ヒールの場合だと歩いているだけでも音が響いてしまうことがあるため注意が必要です。葬儀の場は基本静かですから、気を付けて歩かないと音が響き渡ってしまいます。

バッグは黒で光沢のないものを選びます。このあたりは靴と同じと考えて良いでしょう。

革製のバッグはあまり好ましくありませんが、最近ではそこまで気にすることもなくなったためどうしても革のバッグしかないという場合はそれでも良いでしょう。

アクセサリーは原則禁止ですが、パールのネックレスやイヤリングは大丈夫です。パールは涙の象徴と言われていますからお葬式のような場でも身につけることを認められているのです。

それ以外のアクセサリーや宝石は外しておくのが基本です。ネックレスも二連、三連のものは縁起が悪いためNGとなります。

 

身だしなみにも注意すること

お葬式に参加するときはブラックフォーマルの着こなしに注意するだけでは不十分です。いくらブラックフォーマルをきちんと着こなせていたとしても身だしなみそのものが乱れていては意味がありません。

男性の場合だとヒゲは剃っていくべきです。

人によってはそのまま伸ばしっぱなしで参加してしまう方もいますが、これはあまりにも失礼と言えるでしょう。

亡くなった故人に対してもそうですし、親族やほかの参加者にも失礼となりますからヒゲはきちんと剃って参加するべきです。

 

女性の場合は爪に注意しましょう。最近ではネイルアートも流行っていますが派手なネイル、爪は厳禁です。マニキュアを塗っている場合も落として参加するのがマナーです。

簡単に落とせない場合や、ネイルをしたばかりで外すのがもったいないという場合は黒い手袋で隠してしまうという手もあります。

一般の参加者ならこれでも十分ですが、親族の場合はネイルもマニキュアもきちんと落とす必要があります。

 

髪の毛

髪の毛にも注意すべきです。男性の場合はそこまで気にすることはないでしょうが、女性の場合はきちんと束ねておきましょう。

髪留めもできるだけ派手な色は控え、黒やグレーなど落ち着いた色のアイテムをチョイスしておくべきです。

髪留めは意外に目立ってしまいますから、ほかの参加者から目立ってしまわないように落ち着いた色のものを選びましょう。

 

このように、身だしなみ一つとってもいろいろな注意点がありますから、事前にある程度勉強しておくことをおススメします。

冠婚葬祭のマナーに関する書籍などはたくさん販売されていますし、インターネットで調べることもできるでしょう。

ブラックフォーマルをきちんと着こなせていても身だしなみやマナーに問題があると意味がなくなってしまいますから注意してください。

お葬式やお通夜などでのブラックフォーマルのポイントについてお話しましたが、いかがだったでしょうか。
社会人になるとお葬式やお通夜に参加するシーンも増えてきますから、着こなし方や身だしなみ、その他のマナーについてもきちんと覚えておきたいですね。
お葬式の場合だと故人との関係性によって着用する喪服も変わってきますし、覚えることはたくさんあります。きちんと勉強して覚えておきましょう。

喪服はレンタス留守のもありですよ。→https://xn--5ckueb2a8383bb2v.com/